• ホーム
  • マイアカウント
  • お問い合わせ
ドライクリーニングの説明表題画像

 衣類には材質や洗濯方法などさまざまな洗濯表示マークがあります。
 衣類の裏側や縫い代の部分に付いています。日頃着ている背広や ズボン、スカートなどには、このような表示がついています。
                  ドライクリーニング表示画像 
 この表示がついている衣類は、「水で洗うと型崩れや縮み、色落ちが発生するので、水を使わずに有機溶剤を使ってお洗濯してください」という意味です。

 水を使わずに有機溶剤を使ってクリーニングする方法、これがドライクリーニングです。

 有機溶剤とは、みなさんがイメージしやすいものに例えると、石油や灯油、ガソリンなどの油の仲間です。 のぞみクリーニングでは石油系のクリーニング専用の有機溶剤を使っています。

 有機溶剤は、水洗いよりも衣類に負担をかけずに汚れを落とすことができるので、ドライクリーニングは衣類に優しい洗濯方法と言えます。

 ドライクリーニングは、油汚れを落とすのに適しています。衣類には油汚れが多くついています。人間の体から出る皮脂汚れや、大気中の排気ガスにも油汚れが含まれています。目に見えなくても、日頃着ている衣類は結構汚れているものなのです。

 また、水にも油にも溶けない不溶性粒子(ススやホコリ汚れなど)は、油脂が接着剤の役割を果たし衣類に吸着しているのですが、ドライクリーニングを施すことで油汚れを溶かすことによって、この不溶性粒子もきれいにすることができます。

ドライクリーニングの弱点

 ドライクリーニングは、油汚れには強いのですが、水溶性の汚れやシミにはあまり効果がありません。水溶性の汚れの例として、汗、尿、血液醤油、ソース、果汁などがあります。
 ドライクリーニングの工程でシミ抜き作業を施すことで、ある程度補完することはできますが、水で洗うランドリーの方が水溶性の汚れには効果的です。

 有機溶剤は、洗濯するたびに排水する家庭用洗濯機の水のように捨てるわけにはいきません。そんなことをしたら、とんでもない環境破壊になってしまいます。
 実際には、有機溶剤に溶けた汚れをフィルターでろ過し、汚れを取り除いて、有機溶剤をきれいな状態にして洗っています。
 ですから、汚れをろ過するフィルターを定期的に交換し、常に有機溶剤をきれいな状態に保つことができるように徹底した管理が必要です。
 これを怠ると、仕上がった衣類が黒ずんだり、異臭がしたり、ジメっとした感じに重たくなるなど、重大な問題が発生します。

 石油系溶剤が洗濯物に残留した場合、化学やけど(皮膚障害)が発生することがあります。原因は、クリーニングした後の乾燥が不十分であることが多いです。
 特に、合成皮革や表面がコーティング加工された衣類、中綿や肩パットを使用した衣類、羽毛製品などは、素材特性や構造上、溶剤が残留しやすいため注意が必要です。

ドライクリーニングでの当店のこだわり → オゾンクリーニング

 ドライクリーニングの弱点を全てカバーするため、のぞみクリーニングではオゾンクリーニングを導入しています。

 オゾンクリーニング溶液は、通常のドライクリーニングよりも水溶性の汚れに効果的です。殺菌、消臭能力が高く衛生的で、洗上りも色柄物を鮮やかにします。

 オゾンクリーニング溶液は、有機溶剤の汚れを分解して劣化を防ぎきれいな状態を保ちます

 オゾンクリーニング溶液は、揮発性が高く、衣類に残留しにくいいので化学やけどの発生を防ぎます



ランドリークリーニングの説明表題画像

 ランドリークリーニングとは、ワイシャツ、作業服やシーツなど、水に対して耐久性がある衣類を、石鹸や洗剤、助剤(アルカリ剤)、漂白剤などを使用して温水で洗う洗濯方法のことです。

 水で洗うなら、家庭で洗濯機を使って洗うのと一緒じゃないの?・・・と言われてしまいそうですが、クリーニング店が施すランドリークリーニングと、家庭でのお洗濯とでは、洗い上がりが全く違います。

 その理由は…
  1、洗濯するときの水温が高い
        衣類に合わせて、40℃から70℃で洗います
  2、洗剤、助剤が違う
        プロが適切に、専用の洗剤や助剤を使って洗います
  3、漂白効果が違う
        プロが適切に、最も効果が高い漂白方法で洗います
  4、洗濯機の構造が違う
        業務用のドラム式で多くの水量と大きな遠心力で洗います

 経験豊富な技術者が、適正で的確な洗い方をすることで、ご家庭でのお洗濯とは全く違う洗い上がりになります。

 ランドリークリーニングは、汗などの水溶性汚れを落とすのに適しています。「水に耐久性のある衣類」とは言っても素材や製法によって洗剤や温度に対する耐久性が異なるため、最適な洗濯条件でクリーニングするには、的確な分類、仕分けが必要です。

ランドリークリーニングの弱点

 ドライクリーニング表示がついている衣類を、ランドリークリーニングした場合、縮みや型崩れ、色落ちなどが発生する可能性があります。
 これらの衣類は、ドライクリーニングするか、的確に見極めたうえでウェットクリーニングをおこなうべきで、ランドリークリーニングをするべきではありません。

 ランドリークリーニングでは、使用する洗剤や助剤、漂白剤の適正な使用は当り前のことですが、特に重要なのが「水質の良い水」を「適正な水温」で「適正な水量」を用いて洗うことです。水が良くないと汚れの落ち方も悪く、仕上がりもよくありません

ランドリークリーニングでの当店のこだわり → 超微粒子活性水

 ランドリークリーニングの弱点をカバーするため、のぞみクリーニングでは超微粒子活性水を導入しています。

 超微粒子活性水を用いることで、クラスター細分化された水の粒子が生地の細部まで浸透することで、普通の水では落としきれない汚れまで辿り着き、汚れを剥がすことで驚きの洗浄力を発揮します。

 普通の水に比べて超微粒子活性水は、衣類の素材にかかる負担が微小なので、通常のランドリークリーニングよりも縮みや型崩れの心配がありません

 超微粒子活性水はマイナスイオン水なので、洗い上がりの風合いが柔らかく、高度な技術を用いてアイロンをかけることで、ワンランク上の仕上がりが確保できます



ウェットクリーニング説明表題画像

 本来ならばドライクリーニングをするべきである衣類を、水を使って 洗浄する方法・・・
それがウェットクリーニングです。

 残念ながら、ドライクリーニングでは、汗などの水溶性の汚れは落としきれません。ですから、汗などの水溶性の汚れやシミが付着した衣類には、ウェットクリーニングを施すことで、ドライクリーニングの欠点を補うことができます。

 ただし、ウェットクリーニングは、本来ドライクリーニングすべき衣類を水で洗うため、豊富な経験と高度な技術が必要とされます。

 ドライクリーニングでの洗浄よりも衣類に負担がかかるため、水に対する耐久性が弱い素材には、ウェットクリーニングに適さないものもあるので、的確な素材の選別が必要とされます。

ウェットクリーニングの弱点

 ドライクリーニングでの洗浄に比べると、ランドリークリーニング同様衣類の縮みや型崩れの可能性が大きいため、仕上げの際にはアイロンがけに高度な技術を必要とします。

 ドライクリーニングでの洗浄工程に比べて、数倍の手間がかかるため仕上がりまでに時間を要します。

ウェットクリーニングでの当店のこだわり → 超微粒子活性水

 ウェットクリーニングの弱点をカバーするため、のぞみクリーニングでは超微粒子活性水を導入しています。

 超微粒子活性水を用いることで、クラスター細分化された水の粒子が生地の細部まで浸透することで、普通の水では落としきれない汚れまで辿り着き、汚れを剥がすことで驚きの洗浄力を発揮します。

 普通の水に比べて超微粒子活性水は、衣類の素材にかかる負担が微小なので、通常のウェットクリーニングよりも縮みや型崩れの心配がありません

 超微粒子活性水はマイナスイオン水なので、洗い上がりの風合いが柔らかく、高度な技術を用いてアイロンをかけることで、ワンランク上の仕上がりが確保できます




のぞみクリーニングは、お客様に最高級の洗いをお届けしたい・・・

そう考えて、ドライクリーニングとウェットクリーニング、通常の倍のクリーニング工程を施すナノウォータークリーニングをご提供しています。

ナノウォータークリーニング説明表題画像
  
        ・「ナノ」ってなんかすごい小さいってことでしょ?

        ・ウォータークリーニングは水で洗うっていうこと?

        ・よくわからない洗い方で、洋服が変にならないか心配・・・
 
のぞみクリーニング看板娘画像  仕上りが全然違う!!

 ドライクリーニングとランドリーのオイシイとこ取りっ

 汚れ落ちや消臭効果が格段に違うっ・・・試してみる価値あり!!

ナノウォータークリーニングイメージ画像
 

  ナノウォータークリーニングとは、特殊な超微粒子活性水を使用して、高度な技術を必要とするウェットクリーニングを施すことで、通常のドライクリーニングでは落としきれない水溶性の汚れやシミを落とすことができる「特別なクリーニング方法」です。
                                             
 
 ナノウォータークリーニングの工程

  1、検品
     一点一点、衣類の素材を確認し、最適な洗浄方法を決定します。

  2、ドライクリーニング
     ドライクリーニング可能な衣類は、オゾンクリーニングを施し、有機溶剤によって
     油汚れを落とします。

  3、乾燥
     有機溶剤を蒸発させ、衣類に付着したホコリ等を落とします。

  4、ウェットクリーニング
     ランドリー不可の衣類にウェットクリーニングを施し水溶性汚れを落とします。

  5、乾燥
     衣類の型崩れしないように、細心の注意をはらって乾かします。

  6、仕上げ
     ウェットクリーニングのアイロンがけは、高度な技術を必要としますので、匠の
     技で丁寧に仕上げます。。

  

 ナノウォータークリーニングの生命線 → 超微粒子活性水

  通常、背広やスーツ、ブラウスなど、ドライクリーニングに指定されている素材(水洗い不可)の衣類を、ランドリー(水洗い)やウェットクリーニングすると、縮んだり型崩れする可能性があります。

  その危険な可能性を限りなくゼロにするために、当店が導入しているのが(株)エッチアールディ社のハイパーダイポールという活性水装置です。
 
   ハイパーダイポールを設置したことで、当店でクリーニングに使用する水は水分子がクラスター細分化することで超微粒子マイナスイオン水になり、衣類にダメージを与えず、しっかりと汚れを落とすことができます。

   


  ・適さない素材の場合は、ウェットクリーニングをせず、ドライまたはランドリーにて適切にお洗濯いたします。

  ・他店又はお客様が行った水洗いの結果、生じた収縮等の復元は保証できません。ご了承ください。

  ・通常のクリーニングに比べ洗浄工程がかかるため、納品まで7日程度かかります。

 
 
ナノウォータークリーニングの評判イメージ画像